不動産投資に関することならシーエフネッツ|様々なサービスを設定

家賃滞納リスクを回避

男性

代位弁済型と回収代行型

不動産投資の中でも賃貸型マンションなどの集合住宅は、限られた土地を有効活用してまとまった賃貸収入が得られるため高利回りの物件も少なくありません。そうした賃貸物件で高利回りが実現できるのも安定した家賃収入が前提となっており、家賃滞納が発生した場合は収入が不安定になってしまいます。以前は契約時に連帯保証人を立てることによって滞納時の家賃弁済を確保しようとしていましたが、この方法ではまだ確実とは言えませんでした。最近では人間関係や社会構造の変化に伴って連帯保証人を立てるのが難しい場合も多く、家賃債務保証業者がその代役を務めるケースが増えています。家賃債務保証業者は契約した賃貸住宅に対して、家賃滞納が発生した場合借り主に代わって家賃を立て替えてくれる存在です。これを代位弁済と言い、家賃債務保証業者の側で後日改めて借り主に対する滞納分の家賃回収が行われます。家賃債務保証業者を利用することで賃貸住宅のオーナーは確実に家賃が回収できることになり、滞納リスクが回避されて安定した不動産投資が実現されるのです。家賃債務保証業者にはこのような代位弁済契約の他に、支払委託契約と呼ばれる方式もあります。この方式では滞納時に限らず家賃債務保証業者が常に家賃の立て替えを行い、家賃回収業務を代行する形です。家賃債務保証業者を利用する際には事前審査と保証料支払いも必要ですが、それも家賃滞納リスクを軽減させるためのプロセスと言えます。最近の賃貸住宅では家賃債務保証業者の利用を前提として、連帯保証人不要とした方が入居人も募集しやすいものです。高齢者や障害者など弱い立場に置かれている人が賃貸住宅を借りられるようにするためには、家賃債務保証業者の利用が欠かせないとも言えます。借り主側ばかりでなく不動産投資を目的に賃貸住宅を経営する人にとっても、部屋を借りやすくするための家賃債務保証は利用価値が高いのです。